富良野市(ふらのし)田舎でも都会でもない四季の美しさと過ごしやすさを兼ね備えたマチ「ふらの」

我が町のセールスポイント
移住体験(ちょっと暮らし)ができる 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 温泉施設がある 芸術・文化施設がある JRの駅がある 最寄の空港から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 酪農が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある その他の就業支援制度がある 総合病院がある 産婦人科がある 小児科がある 介護施設がある デイサービス施設がある 出産祝い金がある 保育料補助制度がある その他の支援制度がある 児童会館がある 高校がある 専門学校がある 一級河川がある 1,000メートル以上の山がある 国立・国定の自然公園がある 登山ができる 乗馬ができる 釣りができる カヌーができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

富良野市総務部企画振興課企画振興係
TEL:0167-39-2304(内線2022)
E-mail:
URL:http://www.city.furano.hokkaido.jp/docs/2015022400460/

基本情報

富良野市は北海道の中心「へそ」であり、道内各地にアクセスしやすく自然も豊かな適度に都会なまちです。夏と冬の寒暖差が大きく、四季がはっきりとしています。「北の国から」の舞台にもなった「ふらの」を体感しませんか?

アクセス
  • 鉄道旭川駅から約60分
  • 空路旭川空港から車で約60分
  • 航路苫小牧港から車で約150分
  • 車旭川から約80分
人口・世帯数 人口:22,249人 世帯数:10,869世帯
面積 600.97平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • ISDN
  • 光回線
歴史

富良野市の開拓は、1896年に富良野原野殖民地区画の設定が行われ、1897年に福岡県出身の中村千幹(なかむらちから)氏らが現在の扇山地区に入植したことから始まります。
入植から2年後の1899年に富良野村戸長役場が現在の上富良野町に設置され、1903年には富良野村の南方を割く形で下富良野村が誕生しました。その際、富良野村は上富良野村と改称しています。
その後、1915年に下富良野村は山部村が分村してしまいますが、1919年に町制を施行し富良野町となりました。また、1940年に山部村からさらに東山村が分村しますが、1956年に町村合併促進法の適用を受け、東山村と富良野町が合併して新富良野町が誕生します。そして10年後の1966年には山部町と新富良野町が合併して、富良野市が誕生しました。これは道内29番目の都市でした。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP