羽幌町(はぼろちょう)天売島と焼尻島、2つの島を有する、夕日の美しいまち

我が町のセールスポイント
公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある 芸術・文化施設がある 車がなくても便利 農業(酪農を除く)が盛ん 漁業が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある その他の就業支援制度がある 総合病院がある 介護施設がある デイサービス施設がある 満15歳まで医療費無料 特徴のある教育制度がある その他の支援制度がある 児童会館がある 高校がある 海がある 国立・国定の自然公園がある 8月の平均最高気温が23℃以下 釣りができる カヌーができる プールがある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

地域振興課政策推進係
TEL:0164-68-7013
E-mail:
URL:http://www.town.haboro.lg.jp/

基本情報

 北海道北部の日本海側、留萌管内のほぼ中央に位置し、国定公園に指定されている天売島・焼尻島を有するなど周りを海と山の大自然に囲まれ、また、水揚げ量日本一を誇る甘エビをはじめとした豊富な海産物・農産物にも恵まれた自然豊かな町です。

アクセス
  • 鉄道留萌駅から車で1時間
  • 空路旭川空港から車で2時間40分(高速道路経由)
    新千歳空港から車で3時間10分(高速道路経由)
  • 航路小樽港から車で3時間15分(高速道路経由)
  • 車旭川市から車で2時間10分(高速道路経由)
    札幌市から車で3時間(高速道路経由)
人口・世帯数 人口:7,449人 世帯数:3,692世帯
面積 472.65平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • 光回線
歴史

 明治27年2月羽幌村が誕生し、明治29年に福井、富山、熊本地方など各地からの移住者の入植により本格的な原野の開拓が始まりました。当時、戸数は約400戸に達したと言われ、今日の町の基礎が築かれてきました。その後、明治30年に羽幌村戸長役場が開庁。大正10年には人口8千人を超え、念願の町制が施行されました。
 農業、漁業の第一次産業を中心に発展し、昭和7年国鉄羽幌線が開通、その後、羽幌炭砿の採炭開始、天売村、焼尻村との合併など様々な町づくりの取組が進められました。しかし、急速な社会環境の変化に伴い、羽幌炭砿が閉山、さらに国鉄羽幌線の廃止などに伴い人口が大幅に減少し、現在に至っています。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP