剣淵町(けんぶちちょう)人・夢・大地 やさしさ奏でる 絵本の里けんぶち

我が町のセールスポイント
公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある 芸術・文化施設がある JRの駅がある 旭川から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある その他の就業支援制度がある 小児科がある 介護施設がある 保育料補助制度がある 特徴のある教育制度がある その他の支援制度がある 高校がある 湖がある 一級河川がある カヌーができる プールがある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある

問い合わせ

町づくり観光課
TEL:0165-34-2121
E-mail:
URL:

基本情報

絵本の持つ「温もりと優しさ」に触れ、「思いやりのある豊かな心」を育む絵本の里。

アクセス
  • 鉄道【旭川市】
    旭川-剣淵    約60分
    【札幌市】
    千歳-札幌    JR千歳線(「快速エアポート」利用の場合、約40分
    札幌-剣淵    JR函館線、宗谷本線  約2時間~約2時間30分
  • 空路【東京】
    東京-旭川    約1時間40分
    東京-千歳    約1時間30分
    【名古屋】
    名古屋-旭川   約1時間45分
    名古屋-千歳   約1時間35分
    (航空会社によっては時間に多少の開きがあり)
  • 車【一般道】
    旭川-剣淵    約60分
    【高速道路】
    北海道縦貫自動車道(道央道)
    札幌IC-和寒IC        約1時間30分
    和寒IC-剣淵(国道40号を利用)   約20分
人口・世帯数 人口:3,334人 世帯数:1,545世帯
面積 131.2平方キロメートル
インターネット環境
  • 光回線
歴史

明治30年天塩国上川郡に剣淵村・士別村・多寄村・上名寄村が設置されたのに始まり、明治32年に屯田兵337戸が入地し、戸長役場が剣淵に置かれました。その後、明治39年に2級町村制が施行され、自治体として歩みだしました。大正4年4月に現在の和寒町を、また、昭和2年10月に現在の士別市温根別町を分村し、昭和37年1月1日に町制を施行して現在に至っています。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP