芽室町(めむろちょう)ゲートボール発祥の地で、スイートコーン生産量日本一を誇る農業王国

我が町のセールスポイント
住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 芸術・文化施設がある JRの駅がある JRの特急が停まる 最寄の空港から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 新規就農支援制度がある 総合病院がある 産婦人科がある 小児科がある 介護施設がある デイサービス施設がある 保育料補助制度がある 給付奨学金制度がある その他の支援制度がある 児童会館がある 高校がある 一級河川がある 国立・国定の自然公園がある 降水日数が年間100日以下 登山ができる 乗馬ができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

企画財政課企画調整係
TEL:0155-62-9721
E-mail:
URL:http://www.memuro.net/

基本情報

芽室町は、十勝平野のほぼ中央に位置し、市街地の北部には十勝川が町を横断する形で西から東に流れ、流域には広大な耕地が広がっています。芽室町の基幹産業は農業で、「日本の食糧基地」と呼ばれる十勝の中でも代表的な農業地帯です。年間農業算出額は230億円を超え、広大な畑で作られるスイートコーンは日本一の生産量を誇るなど、文字どおり農業のまちと言えます。

アクセス
  • 鉄道JR芽室駅
  • 空路帯広空港から車で40分
  • 航路広尾港から車で100分
  • 車帯広市から車で20分
人口・世帯数 人口:19,026人 世帯数:7,801世帯
面積 513.76平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • 光回線
歴史

芽室町は、依田勉三率いる晩成社によって明治19年に開墾の一鍬が打ち込まれました。昭和17年に町制施行となり、平成21年に開町110年を迎えております。昭和54年にはミズバショウとエゾムラサキツツジ、かしわ、かっこうが町の花、木、鳥に指定されました。肥沃な大地と気候条件に恵まれ農業を基幹産業とし、農畜産・林業関連企業を中心とした東工業団地の躍進や、宅地開発による人口増加により発展をとげてきました。
平成18年には次世代に引き継ぎたい芽室の宝物「芽室遺産」を町内外からの公募により選定し、花菖蒲園、芽室公園と柏の木、10線防風林など6件が芽室遺産として登録されました。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP