妹背牛町(もせうしちょう)人輝き、笑顔あふれるまち・もせうし

我が町のセールスポイント
住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある JRの駅がある 旭川から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 介護施設がある デイサービス施設がある 出産祝い金がある 保育料補助制度がある 満18歳まで医療費無料 その他の支援制度がある 一級河川がある

問い合わせ

企画振興課企画振興グループ
TEL:0164-32-2411
E-mail:
URL:http://www.town.moseushi.hokkaido.jp

基本情報

 妹背牛町は、総面積48.64平方kmと北海道では3番目に小さな山のないまちで、北海道の母なる川「石狩川」が流れ、おいしいお米をつくるのに適した肥沃な大地が広がっています。基幹産業は農業で、特に米の生産に特化しており、ハーブを使った無農薬栽培やGPSを利用したIT農業を導入している。

アクセス
  • 鉄道札幌~深川  約1時間  深川駅から車で  約10分
  • 空路東京~札幌  1時間30分 
    東京~旭川  1時間45分
  • 車札幌市 約95km  約1時間(道央自動車道) 
    旭川市 約45km  約40分
人口・世帯数 人口:3,191人 世帯数:1,446世帯
面積 48.64 平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • 光回線
歴史

町名の由来はアイヌ語の「モセウシ」で、「モセ・ウシ・イ」(イラクサ・繁茂している・処)(カヤ刈りをする・のが習いである・もの<場所>)が転訛したものとされている。当初は「望畝有志」と表記されたが、1898年に現行の表記「妹背牛」に変更。
・1899年 華族組合雨竜農場、雨竜平野に開場
・1923年 妹背牛村、深川村(現深川市)より分立。
・1952年 町制施行、妹背牛町

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP