小平町(おびらちょう)海と太陽と緑のさと

我が町のセールスポイント
住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある 芸術・文化施設がある 農業(酪農を除く)が盛ん 漁業が盛ん 新規就農支援制度がある 介護施設がある デイサービス施設がある 保育料補助制度がある 満18歳まで医療費無料 その他の支援制度がある 海がある 湖がある 8月の平均最高気温が23℃以下 釣りができる カヌーができる サーフィンができる パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

小平町企画振興課
TEL:0164-56-2111
E-mail:
URL:http://www.town.obira.hokkaido.jp/

基本情報

北海道の日本海側海岸部に位置し、気温は内陸部よりは高いが風が強い特徴があります。また、恵まれた自然がもたらす安心、安全で美味しい食材が身近にある暮らしの真の豊かさを感じさせます。心癒される風景など自然を感じながらのスローライフは如何ですか。

アクセス
  • 鉄道留萌駅下車、路線バス利用30分
  • 空路旭川空港から車で1時間50分
  • 航路留萌港から車で15分
  • 車札幌市→小平町…2時間40分、旭川市→小平町…1時間50分
人口・世帯数 人口:3,330人 世帯数:1,652世帯
面積 627.29 平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • ISDN
  • 光回線
歴史

昭和31年鬼鹿村を廃し、小平村に編入して人口1万7,000人を数え、昭和41年の町制施行により新生「小平町」が発足しましたが、昭和42年には町の重要産業のひとつでもあった炭鉱が全山閉山の危機に直面して、過疎化が進みました。しかし、第1次産業の農林水産業を基幹として生産基盤の整備と経営近代化が着々と進められており、また近年では観光宿泊施設「ゆったりかん」の整備や農業・漁業・林業などの体験学習を目的とした宿泊研修施設「ゆうゆうそう」の整備など、「海と太陽と緑のさと」として産業と観光を密着させたまちづくりを推進しています。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP