大樹町(たいきちょう)~暮らしと明日を彩る清流の里~ コスモスのまち大樹町

我が町のセールスポイント
移住体験(ちょっと暮らし)ができる 住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある 芸術・文化施設がある 最寄の空港から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 漁業が盛ん 林業が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある 小児科がある 介護施設がある デイサービス施設がある 満15歳まで医療費無料 高校がある 海がある 1,000メートル以上の山がある 8月の平均最高気温が23℃以下 降水日数が年間100日以下 登山ができる 釣りができる カヌーができる プールがある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある

問い合わせ

企画課企画係
TEL:01558-6-2113
E-mail:
URL:http://www.town.taiki.hokkaido.jp/

基本情報

清流日本一に9度選ばれ、砂金掘りが楽しめる宝の川「歴舟川」が町内を流れています。町の太平洋沿岸には海の見えるヨードの温泉「晩成温泉」があります。他にも「多目的航空公園」では数多くの航空宇宙関連実験が行われており「宇宙への玄関“大樹町”」を目指しています。

アクセス
  • 鉄道帯広駅まで車で50分
  • 空路とかち帯広空港まで車で40分
  • 航路苫小牧港まで車で3時間30分
  • 車帯広市まで車で50分
人口・世帯数 人口:5,785人 世帯数:2,657世帯
面積 815.68平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • 光回線
歴史

大樹という地名は、アイヌ語で「大木が群生するところ」を意味する「タイキウシ」が語源となっています。大樹町は、1635年頃に歴舟川下流で砂金が発見されたのを契機に砂金彫り師の集落が形成されたのが始まりです。
 依田勉三率いる「晩成社」が大樹町に牧場を開いたのは明治19年のことでした。原生林を切り開き、不毛と思われていた土地の畑作と酪農を試みたのです。開墾生活は度重なる冷害やバッタ、野ネズミの襲来など、苦難の連続でしたが、不屈の開拓精神により今日の大樹農業の礎を築き上げました。
 晩成社をはじめ、多くの開拓者により大樹は豊かな実りをもたらす夢の大地へと生まれ変わりました。先人たちの「開拓魂」は現代にも引き継がれており、一次産業はもちろん、航空宇宙産業という大きな夢が育っています。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP