稚内市 (わっかないし) 日本最北端の街・稚内

我が町のセールスポイント
移住体験(ちょっと暮らし)ができる 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 温泉施設がある 芸術・文化施設がある JRの駅がある JRの特急が停まる 最寄の空港から1時間以内 酪農が盛ん 漁業が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある 総合病院がある 産婦人科がある 小児科がある 介護施設がある デイサービス施設がある 保育料補助制度がある 満15歳まで医療費無料 その他の支援制度がある 児童会館がある 高校がある 大学がある 海がある 国立・国定の自然公園がある 8月の平均最高気温が23℃以下 降水日数が年間100日以下 釣りができる サーフィンができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

稚内市まちづくり政策部地方創生課
TEL:0162-23-6192
E-mail:
URL:http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kurashi/ijuujouhou/

基本情報

日本最北端に位置する稚内市は、宗谷岬からわずか43㎞の地にサハリンの島影を望む国境の街です。「水産」「酪農」「観光」を基幹産業とする宗谷地方の行政、経済の中心地です。 日本海とオホーツク海に囲まれているため、水産資源が豊富で、また水揚げされる魚種も多種多様です。 また、平成23年には「環境都市宣言」を行い、「人と地球にやさしいまち」を目指し、自然エネルギーの積極的な導入を行い、風力発電や太陽光発電を活用し、その発電量は、稚内市の電力需要の約9割に相当します。

アクセス
  • 鉄道稚内-札幌 約5時間20分(直通1本、旭川乗換え2本)
  • 空路稚内-羽田 約2時間、稚内-新千歳 約1時間
  • 航路稚内-サハリン(ロシア)約4時間30分
    稚内-利尻島 約1時間40分、稚内-礼文島 約2時間
  • 車【車】札幌市まで約5時間40分、旭川市まで約4時間50分、市街地から稚内空港まで約20分
    【都市間バス】稚内-札幌 約5時間50分
人口・世帯数 人口:35,083人 世帯数:18,196世帯
面積 761.49平方キロメートル
インターネット環境
  • 光回線
歴史

江戸時代の貞享2年(1685年)松前藩が、宗谷に藩主直轄の宗谷場所を開設したのが始まりで、依頼、アイヌの人々との交易の場として、また北方警備の要所として栄えてきました。
そして、明治12年(1879年)宗谷村に戸長役場がおかれた年を市の開基としています。
日露戦争後の明治38年(1905年)南樺太が日本の領土となり、大正12年(1923年)稚内~樺太間に定期航路が開設されてからは、交通運輸の基地として発展をつづけ、昭和24年には北海道で14番目となる市制が施行されました。
戦後は、「水産」を中心に、「酪農」「観光」を三本柱として飛躍を続け、北海道北部の中核都市という機能も果たしております。
平成7年からは、サハリンとの定期航路が復活し、「日ロ友好最先端都市」としてサハリン州との交流も盛んにおこなわれています。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP